若狭塗 6件の商品


  • 若狭塗について

    漆を何重にも塗り重ねては研(と)ぐという
    『研ぎ出し技法』をとっています。

    漆を数回塗り、貝殻、卵殻、金銀箔で模様を付け、
    石で研ぎ出しさらに木炭で肌を細かく研ぎ出し
    模様を出すことが特徴です。

    若狭塗は、すべての工程を分業でなく一人の職人が一貫して行います。


    螺鈿

    貝殻の内側の光る部分を花鳥等の形に切って磨き、漆器の表面に張り込み、飾りとします。

    箔押し研出し

    鶏卵や青貝、籾殻を使って模様と付け、漆を塗った上に金銀箔にて包みます。
    更にその上に漆を重ね炭にて研ぎだし、漆を摺り込み磨き上げます。

    菊塵塗

    小浜湾の海底を模様化しています。

おすすめ順 価格順 新着順