輪島塗 6件の商品


  • 輪島塗について

    輪島塗には分業制が敷かれ、
    木地師・下地師・研ぎ師・上塗り師・
    呂色師・蒔絵師・沈金師といった多くの職人が存在します。

    それぞれの職人が各々得意の分野に特化し、
    一つの道を極めることで輪島塗の品質を支えています。

    蒔絵

    漆器の表面に漆で絵や模様を描き、
    それが乾かないうちに金粉や銀粉をふり
    模様を浮き上がらせる技法です。

    沈金

    漆器の表面に鋭利なノミで絵を彫り、
    そこに金箔や金粉などを入れて絵を表します。

    ゆえに一彫りも失敗は許されず、高度な技術となります。

    呂色

    漆器の表面に艶を出すために、
    上塗りをした後に駿河炭や呂色炭で研く工程と、
    漆を刷り込む工程を繰り返して光沢を出します。
    呂色に仕上げることで鏡の様な美しい光沢が出ます。

おすすめ順 価格順 新着順