水引販売開始しました

梅水引を単品で購入したいとのご要望により、単品販売を開始しました。

梅水引1個より、ご購入いただけます。

※多数ご入用の方は、お問い合わせください。

ギフト、ラッピングにご利用いただける、
赤、白、ピンクの3色の絹巻水引を5本使用した梅水引 平梅 紐付きと
紫、藤、青磁の3色の絹巻水引を5本使用した梅水引 平梅 紐付きです。

梅水引 梅 赤 梅水引 梅 紫

梅水引には、 原糸紐に細い糸を巻きつけた「絹巻」と言う水引を使用しています。
表面に巻かれた糸により、
着物や風呂敷のような風合いの柔らかな雰囲気の梅水引に仕上がっています。

梅水引 梅 赤 青海波  梅水引 梅 紫 青海波

水引3本で作られた梅水引と異なり、水引5本で作られた梅水引は、
ぎゅっと締まった見た目となり存在感が増すのではないでしょうか。

水引に付けられている、ひもは紐目も美しい「江戸打ち紐」を使っています。
紐の長さは、120cm(梅水引を中心に左右に60cmずつ)ありますので、
大き目の贈り物にご利用いただけます。

こちらからどうぞ >> 梅水引 – 箸や吉十

当店で使用する水引について

当店のお箸のギフト ラッピングにお付けする梅水引には、 原糸紐に細い糸を巻きつけた「絹巻」と言うものを使用しています。

表面に巻かれた糸により、 着物や風呂敷のような風合いの柔らかな雰囲気の梅水引に仕上がります。
梅水引 梅
梅水引 梅

 

梅水引 舞
梅水引 舞

 

梅水引 結
梅水引 結

写真ではなかなかお伝えしきれないかもしれませんが、 結ばれている紐ともよく合い きちんとした雰囲気ながら柔らかさも出せていると思います。

また、形は3種類、色は2種類の中から選んで頂けますので、 プレゼントを受け取られる方のイメージに合わせてお選びください。

 

こちらからどうぞ >> 水引ラッピングは お箸の通販 専門店 – 箸や吉十

水引の色について

箸や吉十では3種類の形の水引から、水引の色はお好みに合わせて2色からお選び頂けます。
赤の水引には赤、ピンク、白の3色、5本の水引を使い、紫の水引には紫、藤、青磁の3色、5本の水引を合わせています。

梅水引 梅

定番の赤と白とピンクの水引です。

 

梅水引 梅

紫の水引に緑系の色を添えることで和装のような趣がでて、このラッピングの雰囲気によく合う仕上がりになりました。

 

掛け紙も7種類ご用意していますので、シーンに合わせてお選びください。

 

父の日のプレゼントにおすすめ 鏡面に仕上げられた漆塗りの夫婦箸

以前のブログで、父の日にお父様とお母様お二人に夫婦箸をプレゼントされてはいかがでしょうか、と提案いたしましたが、今日は夫婦箸で人気のあるお箸をご紹介します。

輪島塗 桜 呂色仕上げ

夫婦箸 輪島塗 呂色 桜

通常最後の行程である上塗りの後にもうひと手間加えられたのが「呂色」仕上げです。
もうひと手間とは言っても、そのひと手間の中にはいくつもの行程が有り、とても手間のかかる仕上げだそうです。

そしてその手間によって、とても綺麗な鏡面に仕上げられています。
漆塗り」と聞いてイメージする艶がこの鏡面に仕上げられた艶ではないでしょうか。
この艶がこの箸の人気の理由だと思います。
特に黒と赤2膳の箸が並んだ夫婦箸はとても晴れやかな雰囲気が有り、また金色の天の部分がこの箸を一層華やかにしています。

蒔絵の金の桜は、赤い箸は可愛く見えるのですが、黒い箸はかっこよく見えます。
同じ桜の蒔絵ですが、箸の色によって印象が違ってくるのは不思議なものです。

父の日のプレゼントにお母様への贈り物も一緒だったら、お母様も嬉しいサプライズではないでしょうか。

こちらからどうぞ >> すてきな夫婦箸の贈り物を – 箸や吉十

 

 

箸のギフト用ラッピング 包装紙について

箸や吉十では、白い和紙で包んだ上に、掛け紙のようにレースペーパーを巻いてラッピングをしています。

最初に浮雲模様の「落水紙」と言われるレースペーパーと、和紙を漉き合わせた、白い和紙で包みます。

浮雲模様 落水紙

浮雲模様 落水紙

真っ白で品のある包装紙ですので、これだけでも十分素敵なのですが、これにレースペーパーを掛けてお化粧をしていきます。

掛け紙のレースペーパーは青海波、梅、麻の葉の3種類の模様があり、また色も青海波は白、梅は白・赤、麻の葉は白・赤・黄・緑の7種類をご用意いしています。

 

青海波

青海波
大海原に絶えず繰り返される穏やかな波を表し
海が無限の広がりをあらわすことから、
「幸せな暮らしがいつまでも続きますように」と願う吉祥文様です。

 

梅 レース
小梅が散りばめられた可愛らしい模様です。
女性への贈り物に人気です。

※青色は、現在お取り扱いしていません。

 

麻の葉

麻の葉
麻は丈夫な植物であり、麻の葉そのものに邪気をはらう力があるとされたため、魔除けの意味を持つ模様です。

こちらの赤や黄、緑は落ち着いた渋味のある色です。

 

 

梅 麻の葉 比較
同じ赤でも麻の葉と梅では印象が異なります。

 

はし箱の中に使う薄紙は、掛け紙のレースとお揃いの柄(白)になっています。

青海波 薄紙
それぞれのレースペーパーで雰囲気が全く違いますので、
お好みのラッピングをお選びください。

 

母の日のプレゼント・ギフトにお勧めのお箸 【津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 赤】

母の日ギフト・プレゼントのおすすめは
津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分けのお箸です。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け

 

持ち手の部分は赤の唐塗、下部は黒の紋紗塗、と2つの塗が施されていて、
赤と黒のコントラストが、とてもモダンでおしゃれなお箸です。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 箸先

 

持ち手部分は、唐塗の独特な斑点模様が施されています。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 持ち手

 

当然、天の部分にも唐塗は施されています。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 持ち手

 

箸先は、紋紗塗(炭粉と黒漆を主体とした変わり塗)が施されています。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 箸先

 

箸先をアップで見ると他の漆塗のお箸とは違う、
独特な塗ということがわかります。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 箸先

 

津軽塗りの帯です。

津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 帯

 

このお箸は、津軽塗り独特な塗が全面にほどこされた
これぞ津軽塗りというものです。
ぜひ実物をご覧ください。

 

このお箸の下部に施されている紋紗塗とは
籾殻を焼いた炭粉をまいた後に漆を塗り、研ぎだして作られる
津軽塗りの技法で、表面がザラザラしているのが特徴です。
箸先に行くほどザラザラした面が多くなり、
滑りにくくなてっているため、とても使い易いお箸です。

私もそうなのですが、ツートンカラーがお好きな人って
割におられるのではないでしょうか。
Tシャツなども切り替えのあるものを見るとつい手にとってしまいます。
普段そのような服をお召のお母様でしたら
このお箸はきっと気に入って頂けると思います。

「津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 赤」のお箸には箱がついていませんので、
箱入りをご希望の方は「ギフトボックス」より箱を合わせてご購入ください。
もちろん箱なしでのラッピングも承ります。

桐箱に入れるとこんな感じになります。

母の日のプレゼント・ギフト用ラッピング 桐箱

 

掛け紙には女性の方に人気の梅模様の赤を合わせては如何でしょうか。

(左上から順に梅水引の「梅」、「舞」、「結」となります。)

梅水引 梅 和紙 梅赤 梅水引 舞 和紙 梅赤

梅水引 結 和紙 梅赤

 

 

シンプルに梅模様の白も素敵ですよ。

梅水引 舞 和紙 梅白

 

もっとシンプルに青海波の掛け紙に梅水引の梅なんかもいいかもしれません。

梅水引 舞 和紙 青海波

 

どのラッピングも無料で承っておりますので、
お箸のイメージだけでなく、お母様のイメージや好みも合わせてお選びください。

 

こちらからどうぞ >> 津軽塗 箸 紋紗・唐塗塗り分け 赤 – 箸や吉十
ギフト・プレゼント用包装 – 箸や吉十

母の日のプレゼント・ギフトにお勧めのお箸 【輪島塗 桜 呂色仕上げ】

母の日のプレゼントギフトにおすすめしているお箸の中に
輪島塗の呂色仕上げのお箸があります。

この呂色仕上げとは、
上塗りの上に生漆をかけ手のひらや指先で磨き上げる技法で、
漆塗りの仕上げの一種です。

 

上塗りで完成させる技法に更に研ぎや、
摺り込み磨きなどの工程が追加されるので、
とても手間がかかるのですが、
そうして仕上げられたお箸はとても艷やかです。

輪島塗 桜 呂色仕上げ

輪島塗 桜 呂色仕上げは、専用の桐箱がついており
蓋を開けるとこの様になっています。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ 全体

 

専用の桐箱には、「輪島うるし御箸」の文字が書かれています。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 桐箱

 

持ち手部分は、綺麗な桜の蒔絵が施されています。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 持ち手

輪島塗 桜 呂色仕上げ 持ち手

 

呂色仕上げの美しい箸先です。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 箸先

箸先のアップです。

 

輪島塗 桜 呂色仕上げ 箸先

 

輪島うるしの帯がついています。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 帯

 

持ち手部分のアップです。美しい蒔絵です。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  持ち手

 

呂色仕上げ専用の冊子が入っています。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  冊子

 

ご使用上の注意です。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  注意書き

 

写真ではなかなかお伝えしきれないのがとても残念ですが、表面は本当に鏡のようで桜の蒔絵がとても綺麗に引き立っています。

塗りのお箸の中では少々お高い目の7,500円ですが、仕上がりの美しさにご満足いただけると思います。

毎日使うものだからこそ、良い物を大切なお母様に使って頂くというのはいかがでしょうか。

 

こちらからどうぞ >> 輪島塗 桜 呂色仕上げ – 箸や吉十

江戸木箸、男性の方に人気です

メディアにも時々登場する江戸木箸ですが、先まで多角に削られているので食べ物をつまみやすく人気があるお箸です。
箸や吉十でも、特に人気がある五角七角八角それに珍しい七五角の、縞黒檀の極上箸を取り扱っています。

この江戸木箸は漆塗りのお箸に比べ持ち手が太く、また重みもありますので、ズッシリとした重めのお箸がお好みの男性の方に良く選ばれています。
父の日のプレゼントにお勧めです。

 

江戸木箸は、こちらからどうぞ

江戸木箸

江戸木箸 縞黒檀 五角 七角 八角

箸や吉十で取り扱っている江戸木箸の詳しい説明を。

このお箸はお箸の頭から食い先まで綺麗に多角に削られています。

江戸木箸 七角 極上

ご覧の通り、木の色そのままで、飾りもなく華やかさは有りませんが、質実剛健、まさに職人の技が光るお箸です。

江戸木箸 七角 極上 喰い先

この箸先、本当に細く削られています。
このお箸を使って小骨の多い焼き魚を召し上がってみて下さい。
箸使いが上達したように感じられると思いますよ。

江戸木箸 縞黒檀

縞黒檀で作られているので、縞も入っています。
持った感じは木肌がとても滑らかで、手触りがいいです。

このお箸は軽いお箸では無いので、手にした瞬間少し重く感じるかもしれませんが、バランスがいいからなのか、持つと重さはそんなに感じません。

江戸木箸 七角 縞黒檀 持ち手

持ち手の部分は少し太めに作られていて、そもため重さのバランスがよく、とても安定して持つことが出来ます。

 

父の日のプレゼントにも

お父様へのプレゼントにも喜んでもらえそうです。

この様にラッピングも無料で承っています。

梅水引 舞 和紙 青海波

 

様々なラッピングが有りますのでお好みのラッピングをしてプレゼントを。

 

 

江戸木箸は、こちらからご購入頂けます。

江戸木箸

 

江戸木箸 七五角 縞黒檀

江戸木箸 七五角の細部を詳しくご紹介いたします。
「七五角」という名前を見て、ん?、頭にハテナマークが浮かびますが、その名の通りです。
持ち手部分は七角、箸先は五角と、なんとも不思議なお箸です。

江戸木箸 七五角はどうなっているのでしょうか?

手に取ってよく見てみましょう。
1面そのまま、2面が1面、その1面をまた削って…
言葉で説明するには少し無理がありますね。
角度が変わっているところはこんな感じです。

江戸木箸 七五角 角がなくなる
角がなくなる面

 

江戸木箸 七五角 角そのまま
角がなくならない面

 

こうして見ただけでも、とても高い技術がいる事が分かります。
これを竹田さんは職人の感覚のみで削っていくのですから、凄い!の一言です。

 

江戸木箸 七五角の持ち手

江戸木箸 七五角 持ち手

持ち手の七角はとても手に馴染みやすいです。

 

江戸木箸 七五角の箸先(喰い先)

江戸木箸 七五角 箸先

箸先の五角は面が大きいので食べ物がつかみやすくなっていて、使いやすさにこだわった形になっています。

 

お値段は9,000円と、少々お高めですが、この技術をみると納得して頂けると思います。
6月18日の父の日お誕生日にプレゼントされてはいかがでしょうか?
喜んで頂けると思います。
お父様が使われているのを見て、自分用にも欲しくなるかも知れませんよ。

 

江戸木箸は、こちらからご購入頂けます。

江戸木箸

さまざまなイメージのラッピングをご用意しています

箸や吉十では皆さんに、毎日使う箸にこだわってもらいたいと思っています。

ですので、取り扱う箸は、日本の職人さんの技によって手作りされた、自信を持っておすすめできる箸を選んでいます。
そんな箸ですから、贈り物にされる時には、箸の値打ちを下げないよう、ラッピングも大事にしています。

特にラッピングにお付けする水引の梅は、色々なご希望に添えるよう5種類の形と2種類の色をご用意しました。

水引の色には赤と紫をご用意していますし、形もフォーマル、カジュアル、華やかなもの色々な雰囲気の形を揃えていますので、贈る方のイメージに合わせてラッピングの種類を選んでいただけると思います。

梅水引 梅

梅水引 梅

 

梅水引 舞

梅水引 舞

 

梅水引 結

梅水引 結

 

一度、箸や吉十のラッピングコーナーを覗いてみてください。

水引 ラッピング

江戸木箸の縞黒檀

箸や吉十のお箸は5,000円前後から10,000円のお箸まであり、お箸としては少々お高めでは有りますが、どのお箸も本当にこだわりのあるお箸ですので自信を持ってお勧め致します。

 

江戸木箸はメディアにも時々登場するのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、その江戸木箸の中でも、箸や吉十では縞黒檀のお箸をご用意しています。
江戸木箸 七角 縞黒檀

鉄木とはひとあじ違い、木目はつややかで美しく、滑らかな質感、手に心地よい重みは、縞黒檀ならではの味わいです。
綺麗なツヤがあり、持ち心地の良いそんなお箸です。

本当に手触りの良いお箸ですので、是非使って貰いたいお箸です。

 

江戸木箸は、こちらからどうぞ

江戸木箸

江戸木箸の選び方

箸や吉十で取り扱っている江戸木箸は五角、七角、八角、七五角の4種類があります。

江戸木箸

どれを選ぼうか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれのお箸の特徴を。

江戸木箸 八角

丸に近い形で、滑らかな形の角箸ですので、違和感なくお使い頂けると思います。
初めて角箸を使われる方は馴染みやすいと思います。

詳細はこちら >>江戸木箸 八角極上 大
江戸木箸 八角極上 中

江戸木箸 五角

奇数面ですので、箸を持つときの3本の指が角に当らず、手によく馴染みます。
七角に比べ1つの角が鋭角になっているので、持った感じが少しゴツゴツしています。
一方、箸先は七角に比べ1つの面が広いので、七角より食べ物がつまみ易いです。
つまみ易さを優先されるならこちらをお勧めします。

詳細はこちら >>江戸木箸 五角極上 大
江戸木箸 五角極上 中

江戸木箸 七角

五角と同じ奇数面ですのでやはり手への馴染みは良いです。
五角に比べ、持ち手は丸に近く滑らか形なので持ち心地はこちらのほうが良いかもしれません。
大黒屋さんの江戸木箸を代表する箸で、人気のお箸です。
持ち心地を優先されるなら七角の箸を。

詳細はこちら >>江戸木箸 七角極上 大
江戸木箸 七角極上 中

江戸木箸 七五角

持ち手部分は持ち易い七角、箸先はつまみ易い五角と、2種類の箸のいいとこ取りをした箸で、究極とも言えるお箸です。
9000円と4種類の中で一番高いですが、使い易さに、とことんこだわる方はいかがでしょう。

詳細はこちら >>江戸木箸 七五角極上 大
江戸木箸 七五角極上 中

4種類の江戸木箸の特徴についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
各リンク先で、ご購入できますので一度ご覧ください。

母の日、父の日のプレゼントに夫婦箸はいかがでしょうか。

母の日父の日を合わせて夫婦箸を贈られてはいかがでしょうか。
ご両親にペアルックをとは、なかなかいきませんが
お箸ならペアもありかと思います。

夫婦箸 輪島塗

写真のお箸は、【夫婦箸 輪島塗箸 桜 桐箱夫婦セット】

母の日のお母様に、父の日のお父様にお揃いのお箸をそれぞれの日に1膳ずつ贈られても素敵ですし、どちらかの日に、夫婦箸をセットで贈られても喜ばれるのでは無いでしょうか。

 

こちらからどうぞ >> ご両親に夫婦箸の贈り物を – 箸や吉十

ラッピングに利用する紐について

お箸のギフト用ラッピングにお付けする 梅水引についてですが、紐について少しお話します。

当店のラッピング用の紐には、江戸打ち紐と言う紐を使用しています。

帯締めや髪飾り等の和装の時に使われたり、 もっと身近なところでは、巾着袋は布かばんに使用されている紐と思って頂けると分かりやすいと思います。

江戸打ち紐

梅水引を取り付ける際、同じ水引を紐として取り付けるか もしくは扱いやすい丸ゴムにするか、迷ったのですが 水引、江戸打ち紐、丸ゴムと3通りで試してみた中で、 江戸打ち紐が大変しっくりきました。

かたすぎず、くだけすぎず、きちっとした感じが有りつつも 柔らかな雰囲気に仕上がったと思います。

大切な方への贈り物としてご利用頂けたらとてもうれしく思います。

 

こちらからどうぞ >> 水引ラッピングは お箸の通販 専門店 – 箸や吉十

持つ人によってイメージが変わる不思議なお箸 津軽塗 七々子(ななこ)塗

小さな丸い模様が箸全体に散りばめられている津軽塗の七々子(ななこ)塗のお箸です。

和服の鮫小紋のようで、ちょっと粋じゃないですか?

この七々子(ななこ)塗は津軽塗の中でも人気が高い塗なんです。

小さな丸い模様はひとつひとつ違います

一見同じ丸い模様が描かれているように見えますが、
一つ一つ違っていて、いろんな丸があるんですよ。

津軽塗箸 七々子塗 持ち手

この丸い模様は、漆を塗った木地に菜種を撒き、
その後菜種を払って作られています。

だから一つ一つの丸が違うんですね。

よーく見てみると、大きさも同じように見えて微妙に違いますし、
線の太さも、やっぱり色んな太さがあります。

津軽塗箸 七々子塗 天

この違いが「あじ」になってるんでしょうね〜。

職人さんの手仕事だからこそ出せる「あじ」だと思います。

一見、単純な小さな丸い模様だけの箸だけど、

実物を見るととても美しく、単純だけど単純じゃない繊細なお箸。

そんなところが、七々子(ななこ)塗の人気の理由のひとつなんだろうなぁ。

プレゼントにもおすすめ

模様がシンプル(「あじ」がありますよ〜)なので、
だれにでも似合うと思います。

おじいちゃんが使うと渋いお箸に、
お姉さんはオシャレなお箸に、
お父さんの時はかっこよく。

持つ人によってイメージが変わるのは不思議なんですが、
それもこの模様のなせるワザ、なんでしょうか。

プレゼントなんかにもオススメで、
どなたに贈っていただいても喜んでもらえると思います。

七々子(ななこ)塗りのお箸はこちら >>七々子(ななこ)塗 黒
                    七々子(ななこ)塗 赤
                    七々子(ななこ)塗 夫婦セット

鉄木でできています

このお箸は鉄木でできています。

なので持ったとき、塗の箸のわりにカッチリした感じがするんです。

細めのお箸なので、削り箸のようなズッシリとした感じではなく、カッチリ。

津軽塗は、塗る作業と研ぎ出す作業を何度も繰り返して仕上げるので、
とても「堅牢」だと言われています。

持ったときに感じるこのカッチリした感じが、
津軽塗の「堅牢」といわれる特徴にとてもよくあっています。

人気の七々子(ななこ)塗を、まずはお箸から手にしてみませんか。

母の日のプレゼント・ギフトにお勧めのお箸 【津軽塗 箸 七々子塗 赤】2

前回、母の日プレゼントギフトのお勧めとしてご紹介した
「津軽塗 箸 七々子塗 赤」のお箸の詳しい画像をいくつかアップします。

持ち手部分は、七々子塗の綺麗な輪紋が施されています。

津軽塗箸 七々子塗 持ち手

津軽塗箸 七々子塗 持ち手

 

箸先近くまで輪紋が施されています。

津軽塗箸 七々子塗 箸先

 

当然、天にも輪紋が施されています。

津軽塗箸 七々子塗 天

 

津軽塗の帯がついています。

津軽塗箸 七々子塗 帯

 

一見、単純な輪紋だけの箸ですが、
実物を見るととても美しく、単純だけど単純ではない繊細なお箸です。

こちらからどうぞ >> 津軽塗箸 七々子塗 赤 – 箸や吉十

母の日のプレゼント・ギフトにお勧めのお箸 【津軽塗 箸 七々子塗 赤】

母の日ギフトプレゼントのおすすめ2つ目は
津軽塗 箸の七々子塗です。

津軽塗箸 七々子塗

赤地に黒い輪紋が沢山施されていて、和服の鮫小紋のような粋なお箸です。

この小さな輪紋は漆を塗った木地に菜種を撒き、その菜種を払った時にできる菜種のあとです。
ですので、この輪っかは1つ1つ形が違いお箸の味になっています。
モダンな雰囲気がお好みのお母様にいかがでしょうか。

このお箸には箱がついていませんので、箱入りをご希望の方は「ギフトボックス」より箱を合わせてご購入ください。
もちろん箱なしでのラッピングも承ります。

 

こちらからどうぞ >> 津軽塗箸 七々子塗 赤 – 箸や吉十

母の日のプレゼント・ギフトにお勧めのお箸 【輪島塗 桜 呂色仕上げ】3

今日は、「輪島塗 桜 呂色仕上げ」のお箸の詳しい画像の続きです。

昨日の記事はこちら >> 輪島塗 桜 呂色仕上げ2

箸先のアップです。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 箸先

 

輪島うるしの帯がついています。

輪島塗 桜 呂色仕上げ 帯

 

持ち手部分のアップです。美しい蒔絵です。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  持ち手

 

呂色仕上げ専用の冊子が入っています。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  冊子

 

ご使用上の注意です。

"輪島塗 桜 呂色仕上げ  注意書き

 

全ての御箸に共通の注意点ですが、
・漆の御箸はデリケートですので、やさしくお手入れください。
・天然漆が施されていますので、体調によりかぶれることがまれにあります。

 

ご紹介の商品は、こちらからご購入いただけます >> 輪島塗 桜 呂色仕上げ – 箸や吉十