江戸木箸の選び方

箸や吉十で取り扱っている江戸木箸は五角、七角、八角、七五角の4種類があります。

江戸木箸

どれを選ぼうか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれのお箸の特徴を。

江戸木箸 八角

丸に近い形で、滑らかな形の角箸ですので、違和感なくお使い頂けると思います。
初めて角箸を使われる方は馴染みやすいと思います。

詳細はこちら >>江戸木箸 八角極上 大
江戸木箸 八角極上 中

江戸木箸 五角

奇数面ですので、箸を持つときの3本の指が角に当らず、手によく馴染みます。
七角に比べ1つの角が鋭角になっているので、持った感じが少しゴツゴツしています。
一方、箸先は七角に比べ1つの面が広いので、七角より食べ物がつまみ易いです。
つまみ易さを優先されるならこちらをお勧めします。

詳細はこちら >>江戸木箸 五角極上 大
江戸木箸 五角極上 中

江戸木箸 七角

五角と同じ奇数面ですのでやはり手への馴染みは良いです。
五角に比べ、持ち手は丸に近く滑らか形なので持ち心地はこちらのほうが良いかもしれません。
大黒屋さんの江戸木箸を代表する箸で、人気のお箸です。
持ち心地を優先されるなら七角の箸を。

詳細はこちら >>江戸木箸 七角極上 大
江戸木箸 七角極上 中

江戸木箸 七五角

持ち手部分は持ち易い七角、箸先はつまみ易い五角と、2種類の箸のいいとこ取りをした箸で、究極とも言えるお箸です。
9000円と4種類の中で一番高いですが、使い易さに、とことんこだわる方はいかがでしょう。

詳細はこちら >>江戸木箸 七五角極上 大
江戸木箸 七五角極上 中

4種類の江戸木箸の特徴についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
各リンク先で、ご購入できますので一度ご覧ください。

記事カテゴリー お箸>江戸木箸