持つ人によってイメージが変わる不思議なお箸 津軽塗 七々子(ななこ)塗

小さな丸い模様が箸全体に散りばめられている津軽塗の七々子(ななこ)塗のお箸です。

和服の鮫小紋のようで、ちょっと粋じゃないですか?

この七々子(ななこ)塗は津軽塗の中でも人気が高い塗なんです。

小さな丸い模様はひとつひとつ違います

一見同じ丸い模様が描かれているように見えますが、
一つ一つ違っていて、いろんな丸があるんですよ。

津軽塗箸 七々子塗 持ち手

この丸い模様は、漆を塗った木地に菜種を撒き、
その後菜種を払って作られています。

だから一つ一つの丸が違うんですね。

よーく見てみると、大きさも同じように見えて微妙に違いますし、
線の太さも、やっぱり色んな太さがあります。

津軽塗箸 七々子塗 天

この違いが「あじ」になってるんでしょうね〜。

職人さんの手仕事だからこそ出せる「あじ」だと思います。

一見、単純な小さな丸い模様だけの箸だけど、

実物を見るととても美しく、単純だけど単純じゃない繊細なお箸。

そんなところが、七々子(ななこ)塗の人気の理由のひとつなんだろうなぁ。

プレゼントにもおすすめ

模様がシンプル(「あじ」がありますよ〜)なので、
だれにでも似合うと思います。

おじいちゃんが使うと渋いお箸に、
お姉さんはオシャレなお箸に、
お父さんの時はかっこよく。

持つ人によってイメージが変わるのは不思議なんですが、
それもこの模様のなせるワザ、なんでしょうか。

プレゼントなんかにもオススメで、
どなたに贈っていただいても喜んでもらえると思います。

七々子(ななこ)塗りのお箸はこちら >>七々子(ななこ)塗 黒
                    七々子(ななこ)塗 赤
                    七々子(ななこ)塗 夫婦セット

鉄木でできています

このお箸は鉄木でできています。

なので持ったとき、塗の箸のわりにカッチリした感じがするんです。

細めのお箸なので、削り箸のようなズッシリとした感じではなく、カッチリ。

津軽塗は、塗る作業と研ぎ出す作業を何度も繰り返して仕上げるので、
とても「堅牢」だと言われています。

持ったときに感じるこのカッチリした感じが、
津軽塗の「堅牢」といわれる特徴にとてもよくあっています。

人気の七々子(ななこ)塗を、まずはお箸から手にしてみませんか。

記事カテゴリー お箸>津軽塗